画像1

金室山
金性寺
Top
交通のご案内
お知らせ
行事

金性寺の由来

当寺の創建は古く、小高城主第十五代相馬盛胤公夫人の掛田御前(掛田城主掛田義宗の娘)は永禄十二年(一五六九)十月二十二日逝去。

盛胤公が夫人「金室妙仲大禅定尼」の冥福を祈るため、同年十二月小高村堂前(現在の小高町小高字堂前)に錦繍寺を建て、霊牌を安置したことによる。

その後金室山金性寺に改める。

慶長六年(一六〇一)

盛胤公中村城にて逝去、中村真光寺(現在の円応寺)に埋葬する。

明暦四年(一六五八)

勝胤(後の忠胤)公により寺領十九石四斗の証印を受ける。後に二十二石三斗二升になる。

安永三年(一七七四)

小高城址に妙見新尊が祭祀され、以来約百年の間金性寺は別当寺となる。

天保十一年(一八四〇)

藩主の命により、小高城址に本堂、庫裡等を再建し、堂前より移る。

文久三年(一八六三)

金性寺座主知印僧都、寺子屋を開き文教興隆に貢献する。

慶応四年(一八六八)

戊辰戦争の時、金性寺の知印僧都外二名は、藩主の命を受け浪江の官軍の陣営に赴き、円満終局の糸口をつくる。

明治五年(一八七二)

神仏分離令により、妙見尊を金性寺に祀る。

明治六年(一八七三)

学制発布により、古城一番地の金性寺を校舎にあて、小高小学校が創立される。

明治九年(一八七六)

校舎火災により、寺は小屋木字広畑の難波山天王寺(現在の武勇神社)に移る。

明治二十二年(一八八九)

旧小高郷陣屋跡の南小高字関場十六番地(現在地)に本堂、庫裡、二十三夜堂を建立し、天王寺より移る。

昭和三十九年(一九六四)

十二月小高小学校の火災により、本堂類焼し、翌年十二月再建する。

昭和六十年(一九八五)

北国八十八ヶ所霊場第二十番札所となる。

平成四年(一九九二)

浜三郡七福神の大黒天霊場となる。

平成六年(一九九四)

福島県八十八ヶ所霊場第三十八番札所となる。

平成十二年(二〇〇〇)

鐘楼門を建て替え、落慶式を行う。

歴代住職

中興一世 隆仙  二世 智仙  三世 隆明  四世 章仙

五世 隆泰  六世 隆々  七世 教仙  八世 啓寿